心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】

心療内科の求人特集 TOP >> 心療内科の臨床心理士・カウンセラー >> 臨床心理士・カウンセラーの役割

臨床心理士・カウンセラーの役割

臨床心理士、カウンセラーというのは同じような意味で利用されることもありますが、資格的な面でいうと、臨床心理士とカウンセラーというのは違う立場になることが多いです。臨床心理士は公的な資格になりますが、カウンセラーというのは今のところ、民間資格になります。また今現在では、臨床心理士以外のカウンセラーの資格において、必須とするような決まりはなく、資格を持っていなくても、カウンラー業務をすることは可能です。このあたりを臨床心理士とカウンセラーとで同じものだと思ってしまうと、役割や、仕事内容を理解することが難しくなってしまいます。

心療内科での臨床心理士の役割は、心の問題の分析、そして改善というものになっていきます。一般的なカウンセラーとは違い、テストなどを用いて、相手の状況を把握したり、あるいは観察などから相手を分析していくことになります。 カウンセラーはこの点、相手の話を聞いて、問題点を見つけるということが多く、臨床心理士のほうがより根拠的であり、カウンセラーのほうがより直感的な面があると考えることもできます。

もちろん、臨床心理士も、カウンセラーも、共通するところは多く、相手を尊重していくことが必要となります。ただ、臨床心理士のほうが、より医学的、研究的な側面が強くなる傾向があります。

臨床心理士は、心理テストなどを重点的に行なっていくことが多いのですが、職場によっては、本当に検査をすることがメインになっていくこともあります。そのためカウンセラーという意味合いが薄れ、検査者としての意味合いが強くなっていきます。臨床心理士は、こころの専門家と言われていますが、場所によって検査を専門的に行なう職業になる場合もあることは知っておいたほうが良いでしょう。職場選びの時の選択材料になっていきます。

臨床心理士も、カウンセラーも、精神的な面にアプローチすることは変わりません。ですが、日本では、心理士という立場に関して、しっかりと認定するということをしておらず、国家資格にはなっていない状況です。そのため資格動向よりも、個人の人間性や、技術、知識が重要視されていきます。

ただ、それらを表現するのは難しく、客観的に資格で判断をされてしまうことがあります。 臨床心理士の資格を持っておけば、心理系の仕事をする際に、大きな助けになっていきますが、民間のカウンセラーが、臨床心理士以上になれないのかというとそうでもありません。

心療内科の求人サイト 人気ランキング 〜臨床心理士・カウンセラー〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>心療内科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】 All Rights Reserved.