心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】

心療内科の求人特集 TOP >> よくある質問 >> 心療内科医と臨床心理士の違いは?

心療内科医と臨床心理士の違いは?

心療内科医と、臨床心理士は立場的にも役割的にも大きな違いがあります。まず診療内科医は医師であり、内科的な治療を行なうことができます。薬を出すことも可能であり、治療を進めていく時の、核的な部分を担っていくことになります。一方臨床心理士というのは、医師ではありません。心理士であり、薬を出すなどの治療行為をすることはできず、専門分野は相談などになっていきます。そのためこの2つの職業は根本的な部分から違っており、臨床心理士が、診療内科医の仕事をすることはできないことになります。

ただ、心療内科医にとって、薬を出すだけが治療ではなく、相手の話を聞く、背景を知るということも大きく重要になるので、心療内科医が臨床心理士のようにしっかりと相談を受けることは必要とされています。カウンセリングのような技術が強く求められることもあると言えるでしょう。そのため心療内科医は、臨床心理士と同じような業務をすることはあると言えます。当然臨床心理士が専門的に行なうこともあり、それをすることで、患者に対してのデータが多くなり、心療内科医がより患者のことを知ることが出来るようになる場合もあります。

このようにして見ると、臨床心理士は、心療内科医に劣った存在のように見えてしまうかもしれませんが、そのようなことはありません。臨床心理士は相談や観察などに特化した専門家であると考えることもでき、特化しているからこそ、心療内科医が見落としてしまった部分を、拾っていくことができると言えます。心療内科医は、心と体の両方を診ていかないといけないので、見落としてしまう部分というのが出てきてしまう可能性があります。 そこを臨床心理士が広い上げていくのです。 そうすることで、より良い治療に進めていくことができます。心療内科医だけでは、負担が大きすぎることになり、とても全てに対応することはできません。そこで臨床心理士が補佐をし、時に、アドバイスをしていく立場として、支えていくことになります。

心療内科医と協力して働いていく臨床心理士は、心の状態ばかりを見ているだけではいけません。しっかりと身体的な症状に対しての理解、そして心とのつながりを理解しながら、相談を受け、そして観察をしていくことが必要になります。

本来内科的な知識というのは、臨床心理士にとっては、それほど重要なものではないと考えられてしまいますが、内科的な知識を持っておくことで、心療内科医とスムーズに話ができるようになったり、患者の状態を正しく把握できるようにもなります。基本的な医学知識は全ての臨床心理士がしっかりと知っておくべきであるとも言えます。

>>心療内科の求人サイト TOPページへ<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】 All Rights Reserved.