心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】

心療内科の求人特集 TOP >> よくある質問 >> カウンセラーになるために必要な資格は?

カウンセラーになるために必要な資格は?

カウンセラーになること自体は、非常に簡単です。資格がなくても、自分がカウンセラーであると名乗ってしまえば、それでなることはできます。このように考えていくと、誰でもなれるのがカウンセラーということになります。しかしこのような現状がカウンセラーの信頼性などに対してマイナスイメージになってしまうことが多く、数多くの資格が存在している現状も、カウンセラーの信頼性を低めてしまっている要素になります。

このようになってしまっている背景としては、いわゆる心理カウンセラーという資格で、国家資格がないという事実があります。国家資格として認められていないからこそ、民間資格などによって、カウンセラーが生み出されてしまっていることになります。

このような状況の中で、一歩頭抜き出ている資格として、臨床心理士と産業カウンセラーがあります。これらは公的資格となり、それぞれ文部省や労働省によって認められている資格になります。カウンセラーとして仕事をしていきたい、就職をしていきたい場合には、このどちらかを取得しておくことが必須となる場合が多いです。

そのため一般的には、臨床心理士、産業カウンセラーがカウンセラーとして仕事ができる資格として考えられていると言って良いでしょう。他の民間資格はスキルアップには利用できますが、就職までたどり着くのはなかなか難しいものが多いです。

ただ、心理的な側面に影響できる国家資格としては、看護師や、社会福祉士、精神保健福祉士、作業療法士などもあり、これらの資格を取得していくことも効果的になります。しかし、これらの職種を募集している場所は、いわゆるカウンセリングをするというところではないので、純粋にカウンセリングをしていきたい、という人には向かないと言えるでしょう。

カウンセラーというのは、日本だけでなく、世界で注目されている職業の1つです。そのためその重要性はとても高く、ニーズも大きな高まりを見せています。このような状況でありながら、日本ではカウンセラーに対して、資格によって立場を社会的に証明することができにくい状態となっています。臨床心理士などの国家資格化などが注目を浴びていることもあり、どのような動きをしていくかは、カウンセラーを目指しているのであればしっかりと関心を持っておきたいところです。これから、資格に関してや、立場に関することが大きく変わっていく可能性も十分あると言えます。

>>心療内科の求人サイト TOPページへ<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】 All Rights Reserved.