心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】

心療内科の求人特集 TOP >> 心療内科の看護師 >> 心療内科の看護師の仕事内容・役割

心療内科の看護師の仕事内容・役割

心療内科において、医師の役割は大きなものがありますが、それを支えるのは看護師になります。 看護師も心療内科において積極的な活躍が期待されています。 しかし心療内科自体が、まだまだ歴史の浅い、診療科目であるので、看護師としてどのようなことをすれば良いのかという認識がまだまだ広がっていない傾向があります。心療内科の中で看護師としてどのようなことをすれば良いのかを紹介していきます。

心療内科の看護師の役割は、まさに看護師の基本となります。患者を支え、医師の補助をし、そして医師が見落としてしまうような症状に気付く、些細な動作や、行動を記録しておくということです。これらはどの診療科目でも必要とされる看護師の能力ですが、心療内科では特に重要視されます。

心療内科に通ってくる人は、精神的な症状から、身体的な異変や不調をきたしてしまっている人が多いです。そのため体とこころの両方にしっかりと働きかけていく必要があるのです。この働きかけというのは、教科書や、勉強では学んでいくことができないものでもあり、現場でしか感じられない要素となります。看護師の基本となりますが、それをこなすことは非常に難しいことになるのです。こころの症状と、体の異変をどのようにして結びつけていくかは、問診や観察などから明確にしていきます。 医師とは違う角度から見る看護師だからこそ気付けることとういのも数多くあります。

看護の基本を忠実に再現し、そしてより高みを目指していこうとするところに、心療内科としての看護師の役割があると言えるでしょう。知識だけではどうにもならないことも多く、慣れれば誰でもできるようになることでもありません。ある意味で人を支えていくセンスが必要であり、向き不向きがあると言えるでしょう。

看護師として心療内科に勤めていこうとする時、人とかかわることが好きか、しっかりと症状を回復させていく、原因を排除していくことと向き合えるか、努力していけるかということを確認しておく必要があります。身体的な症状として表面に出ているため、患者の親族などが大きなストレスを抱えていることも少なくありません。患者の親族に対してのサポートが求められることもあります。心療内科の現場は看護の基本を大切にし、人を看て護ることを、再認識させられるため、看護とは何かを強く考えさせられる場面も多いです。しかし、だからこそ看護師としての高みを目指していけるわけです。

心療内科の求人サイト 人気ランキング 〜看護師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>心療内科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 心療内科の求人特集【※職種別求人サイトランキング】 All Rights Reserved.